オーガニック製品を使ったヘアケアはどんなものがおすすめ?おすすめ商品をチェック

オーガニック製品を使ったヘアケアはどんなものがおすすめ?おすすめ商品をチェック

オーガニック製品を使ったヘアケアについて、こんな疑問や悩みを抱えていませんか?

  • 地肌が弱いのでオーガニックなヘアケア商品がほしい
  • オーガニックシャンプーってちゃんと効くの?
  • 敏感肌なのでオーガニック成分入りのシャンプーでも肌荒れしたことがある

オーガニックシャンプーは敏感肌やアトピー肌の男性にこそおすすめだよ。
「オーガニック成分入り」シャンプーだと、刺激が強いシャンプーにオーガニック成分が入っているだけの可能性もあるんだ。

今回はヘアケアに使えるオーガニック製品について解説していきます。

最後におすすめのオーガニックシャンプーも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

オーガニック製品でのヘアケアにはどんなメリットがある?

オーガニック製品というと自然の成分がたくさん入っていて、なんとなく身体に良さそうというイメージを受けますよね。

ここではヘアケアにオーガニック製品を取り入れるメリットを紹介しましょう。

どんな肌質の人におすすめかも見ていこう。

化学物質は頭皮の毛穴から体内へ蓄積される

一般的にドラッグストアーなどで販売されているヘアケア製品には、たくさんの化学物質が多く含まれています。

香料や防腐剤、着色料、そして界面活性剤などです。

そういった化学物質は頭皮の毛穴から体内へ蓄積されていきます。

口に入る食品は成分に気をつけるけど、ヘアケア成分は見落としてしまうよね。

敏感肌の男性におすすめ

オーガニック製品のヘアケアは、そういった化学物質を排除して天然由来成分のみを使用しています。

髪や地肌への刺激が少ないので、敏感肌やアトピー肌の男性にもおすすめです。

シャンプーやコンディショナーでヘアケアをしたらかゆくなることがある、という人はオーガニック製品がおすすめだよ。

オーガニック製品でヘアケアをする時に注意したいこと

オーガニック製品でヘアケアをすれば、髪や頭皮を優しくいたわることができます。

しかし、そんなオーガニック製品でお手入れをする際に注意すべき点がいくつかあります。

オーガニック製品でのヘアケアを始める前に、まずはここで学んでいこう。

日本ではオーガニックの基準がかなり低い

フランスやドイツには、いわゆるオーガニック認定機関というものが存在します。

認定機関の認証を得られたシャンプーにはオーガニック認証マークがついているのです。

しかし、日本ではヘアケアにおけるオーガニックの基準がまだまだ低いのが現状です。

そのため、本物のオーガニック製品を見分けにくいんだ。

少量配合でも「オーガニック」を名乗れてしまう

日本で販売しているヘアケア用オーガニック製品は、100%オーガニック成分でなくても「オーガニック」と名乗れてしまいます。

つまり、界面活性剤が入ったシャンプーに植物エキスが入っているだけでも「オーガニック」と表記できるのです。

敏感肌の男性でオーガニックのヘアケア製品で肌荒れした経験があるという男性もいるんじゃないかな?
おそらく100%オーガニックじゃない製品だったという可能性があるよ。

製品の劣化がしやすい

オーガニックのヘアケア製品は余計な化学物質を配合していません。

防腐剤も例外ではないため、通常のシャンプーよりも製品の劣化が早いという特徴があります。

自然由来のものだからこその特徴だね。オーガニックのヘアケア製品は早めに使い切ろう!

オーガニック製品でヘアケアをする上での正しい使い方

オーガニック製品を使ったヘアケアは、髪はもちろんのこと、身体の内部にも優しいお手入れ方法です。

しかし、「オーガニック製品だから大丈夫」と思うのは厳禁。

髪や地肌にトラブルを引き起こさないため、正しい使い方を守るのが大切です。

ここではオーガニック製品の正しい使い方を見ていこう。

オーガニック製品の正しい使い方

オーガニック製品でヘアケアをする上で正しい使い方は以下の3つです。

  1. 容器を清潔に保つ
  2. 消費期限内に使う
  3. 刺激のある成分は避ける

次からは上から順番にひとつずつ見ていこう。

1.容器を清潔に保つ

オーガニック製品は化学物質を排除し、植物由来の成分のみを配合しています。

そのため、普通のシャンプーに入っている防腐剤が配合されていないため、カビが生えてしまったりすることも。

詰め替えの前は容器を必ず綺麗に洗い、清潔に保とう!

2.消費期限内に使う

オーガニック製品は消費期限が普通のヘアケア用品よりも早めに設定されています。

防腐剤などが入っていないため劣化が早いからです。

開封後はできるだけ早く使い切りましょう。

劣化して古くなったオーガニック製品でヘアケアをするのは地肌や髪のトラブルを引き起こす可能性があるよ。

3.刺激のある成分は避ける

「オーガニック」という単語を聞くと髪や身体に良さそうなイメージがありますよね。

しかし、成分によっては体質と合わず、ヘアケアの過程でアレルギーが起きてしまう可能性があるのです。

特に柑橘系の成分は敏感肌・アトピー肌の男性には刺激が強い可能性があります。

自分が苦手な成分が入っている場合、オーガニック製品でもヘアケアで使わないようにしよう。

ヘアケアに最適なオーガニック製品の選び方とは?

ヘアケアの成分に気を付ければ、髪も身体も健康になれますよね。

そんなオーガニック製品ですが、どんな基準で選んだらよいのでしょうか?

ここではヘアケアに最適なオーガニック製品の選び方を紹介するよ。

オーガニック認証に注目

オーガニックシャンプーなどを買う際、海外製のもので注目してほしいのはオーガニック認証マークです。

オーガニック認定機関の認証を得られたシャンプーにはマークが付いているので、パッケージをよく見てみましょう。

代表的なオーガニック認定機関には以下のものがあるよ。

フランス:エコサート
ドイツ:BDIH
オーストラリア:ACO

刺激が強い成分が入っていないか

日本製のものを買う際に注意してほしいのは、日本はヘアケアのオーガニック基準がとても低いという点です。

冒頭でも説明したように、少量でもオーガニック成分が入っていれば「オーガニック」と名乗れてしまいます。

そのため、商品名だけではなく成分表をよく見て刺激が強い成分がないか確認しましょう。

界面活性剤が入っている場合、敏感肌やアトピー肌の人はかゆくなってしまう可能性があるんだ。

髪も地肌も健康に!ヘアケアに使えるおすすめのオーガニック製品

毎日のヘアケアをオーガニック製品で行えば、髪も地肌も健康かつ清潔になれます。

ここからはヘアケアに使えるおすすめのオーガニック製品を見ていきましょう。

おすすめの商品を5つピックアップしたよ。

おすすめのオーガニック製品

おすすめのオーガニック製品は以下の5つです。

おすすめのオーガニック製品
商品名種類価格
john masters organics シャンプー&コンディショナーシャンプー&コンディショナー4,380円
john masters organics R&Aヘアミルク N(ローズ&アプリコット)トリートメント(洗い流さない)4,290円
SHIGETA(シゲタ) ワイルドグレース シャンプー 250mlシャンプー3,740円
SHIGETA(シゲタ) ワイルドグレース トリートメント 200mlトリートメント(洗い流す・洗い流さない両方)3,190円
WELEDA(ヴェレダ) スカルプケア用 シャンプー ローズマリーの香り 190mlシャンプー2,200円

オーガニック製品は普通のヘアケア商品よりもちょっと高め。
成分にしっかりこだわっているのが理由だよ。

これからオーガニックヘアケアを始める人に

「john masters organics シャンプー&コンディショナー」はこれからオーガニックヘアケアを始める男性におすすめです。

シャンプーとコンディショナーがセットになっているので迷わず使えます。

パサつく髪に芯から潤いを与え、しっとりとまとまりやすいツヤ髪にしてくれますよ。

さまざまな美容雑誌で話題になっているセットなんだ!
香りもくどくなくておすすめだよ。

オーガニック製品でヘアケアをする時は成分に注目しよう

オーガニック製品でのヘアケアは、髪や地肌を健康に保てます。

植物由来100%なので、頭皮の毛穴から化学物質が体内に入り込むこともないでしょう。

しかし、オーガニックという表記だけを見て安易にヘアケア用品を買うのはNGです。

日本はオーガニックの基準がかなり低いため、少しでもオーガニック成分が入っていれば「オーガニック」と名乗れてしまうからです。

商品名や説明文だけに囚われず、きちんと成分表を確認するのが大切だね。
気になる商品を買ってみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です